新年度企画商品の開発

ご無沙汰をしております。

人形の柴崎代表の柴崎です。

節句人形屋の「夏」は何してるの?

 

実は良く頂戴する質問です。

 

端午の節句が過ぎるとすぐに、

翌年のひな人形の製作に関わる準備を進めております。

上の画像は、お人形の胴を選定している風景です。

お顔が付いていないので驚かれると思いますが、

お雛様は完全に「分業生産」ですので、

お顔と胴体を造る職人さんは別々なのです。

 

雛人形の生地

こちらの反物は、

中国三大刺繍の一つ、

汕頭(すわとう)で織られた刺繍で、

流通量も極めて少なく、大変貴重な逸品なのですが、

人形の柴崎用にお雛様を1組仕立てるよう

職人さんにお願いをしてきました!

呉服業界の方々と奪い合いになるのでは?

と心配になるくらい貴重な反物です。

この細やかな刺繍細工が、

お人形の袖や胸元にどのように映えるのか、

出来上がりが今からとても楽しみです。

私は数年前に、

汕頭と肩を並べる中国三大刺繍の一つ、

蘇州(そしゅう)に行ってきましたが、

その繊細な刺繍技術にはただ驚くばかり!

何代にも渡り受け継がれるべき生地であることを

現地で実感してまいりました。

 

節句人形は一生に一度のお買い物。

親から子への「愛情のカタチ」。

 

単に価格が安いだけではなく、

コンセプトのしっかりとした逸品を、

これからも皆様にお届けできるよう、

精一杯努めて参ります!

 

他にも沢山の新企画品がございますので、

12月の新作発表をどうぞお楽しみに!

 

 

山形県天童市 節句人形専門店

人形の柴崎

人形の柴崎オンラインストア

代表 柴崎 稔